システムエンジニアが転職時に本当に一番大切にしたいもの

「転職」と聞くと一般的にはAという職業からBという職業(例えば料理人から営業マンなど)にジョブチェンジをするイメージがありますが、職業が同じままで所属企業を変えるだけの転職の形もあります。

システムエンジニアはどちらかと言うと後者の意味で転職という言葉が使われることが多く、人によってはいくつもの会社を渡り歩きながらSEを続けている人もいます。

そして転職する理由は人によってさまざまだと思いますが、システムエンジニアが転職をする上で一番大切にしてほしいことがあります。

SEの転職はスキルアップできることを一番に考えてほしい

システムエンジニアが転職を考えるなら、まず一番に「スキルアップできるかどうか」を考えてほしいと思います。たとえプログラマーであってもインフラエンジニアであっても、ITエンジニアならスキルアップを優先的に考えなければなりません。

SEが転職時にスキルアップを優先的に考えるべき理由については、以下でご説明していきます。

目先の給与だけを考えるのはやめよう

まず転職ではどうしても給与面が気になると思います。別の会社に移れば毎月の支給額が2万円アップすると分かれば、魅力を感じない人はいないでしょう。しかしそれは仕事の内容や社内の環境など、同じ条件のときに限ってです。

給与はアップしたものの仕事の充実度ややりがいは減少するかもしれませんし、そもそもの支給額自体も諸手当などで水増しされているだけかもしれません。それに転職後の昇給率が悪ければ、一時的に給与が上がったとしても、将来はどうなるかわかりません。
※参考記事「SE・PGなら知っておきたいエンジニア転職に失敗するパターン

本当に給与も増え、会社の環境も自分に合っていて、キャリアも積ませてくれてエンジニアとして成長できるような、いいことずくめで転職を成功させるSEもいないことはありません。ただし全てのエンジニアが転職を成功させているわけではないことも知っておく必要があります。

スキルが高くなれば給与は後からついてくる

SEとしてスキル・技術力を高くしていけば、給与は必ず増えていくものです。

会社としても所属のエンジニアに給与を支払うためには、原資となる売上金をつくらなければなりません。そして高いスキルを持つエンジニアであれば、お客様からの評価も高くなり、それに伴い売上金額も高くなっていきますので、最終的に給与という形で還元することが可能です。

つまり先にご説明した事例で、一時的に給与を優先して会社選びをしたとしても、その後スキルを身に付けることができなければ、どんどんその他のエンジニアに給与面は抜かされていってしまうのです。

だからこそ転職時には、自分が成長できる会社なのかどうか、キャリアアップできる会社なのかどうかを、最重要の判断基準にしてもらいたいと思います。

スキルが身につかないまま年を重ねると苦労が多い

もしスキルを身に付けないままエンジニアとして年を重ねると、苦労も多くなります。

エンジニア単価も上がりませんので、昇給も期待できませんし、自分より年齢が下のエンジニアに指図されながら開発に従事するなんてことも決して冗談ではありません。

年を取ってから惨めな思いをしたくないなら、肩身の狭い思いで開発に従事したくないなら、若いうちからスキルアップすることを考えるようにしたいものです。

キャリアアップできないなら転職を考えるのもあり

逆に考えるのであれば、今の会社でSEとしてキャリアアップしていくことができないのなら・・正確に言うなら会社側がSEの技術的な成長を考慮してくれないのであれば、それも転職を考える一つのきっかけになるかもしれません。

正社員として会社に籍を置いているとはいえ、何十年も先に会社がどうなっているかなんて、誰にも予測できません。会社が倒産してしまい、これといった技術力もないままだったら、他のソフトウェア企業へ再就職することすら危ういでしょう。

システムエンジニアとしてやっていきたいのなら、今後何があってもいいように、技術力を磨いて、フリーランスでも活躍できるぐらいに成長するのが理想でしょう。

家庭の事情などで例外はあります

SE転職であれば、スキルアップを第一に考えようとお話してきました。しかし誤解のないように最後に補足しておくと、家庭の事情などで、キャリアアップ以外を優先せざるを得ない場合があることも事実です。

例えば親の介護が必要となれば、理想は会社を変えることなく仕事と介護を両立させていくことですが、会社によってはそれも難しい場合があります。そうした時は時短勤務やテレワークなどができる会社を探すべきでしょう。

あくまで本件で伝えたかったことは、十分にキャリアを積んでいける時間と体力があれば、給与面ばかりを優先するのではなく、技術者として成長できるかを一番に考えようということです。

 

終わりに

システムエンジニアの転職市場も年々活況になってきているようですが、できればエンジニアたるもの、転職ではスキルアップを一番に考えてほしいと思います。技術力が高くなれば、満足のいく給与は後からついてくるものですから。

目先の条件も大事ではありますが、SEにとって本当に大事なことを忘れないようにしましょう。

 


【記事を書いている人】

profile4

鍵谷 隆 -KAGIYA TAKASHI-

開発系エンジニアとしてキャリアをスタートさせ、物流、文教、自治体系の開発に従事。現在は営業・採用を主な業務としている。使用言語はVBA、VB.NET、Java。担当フェーズは設計~テスト。

事業拡大に伴い、一緒に働ける仲間を絶賛募集しております。これからのキーシステムを一緒になって創っていきましょう!

【SE・PG】新卒・中途 積極採用中!

当社ではSE・PGの新卒、中途採用を積極的に行っております。
※個人事業主の方との契約も歓迎
会社説明会や入社試験は随時開催しておりますので、お気軽にご連絡ください。