明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願い申し上げます

2022年ですね!寅年です。
2020年,2021年はコロナ禍によって、経済としては大きな打撃を受けたことは言うまでもありません。

ただ2021年の下期あたりから、ようやく景気も上向いてきたかなという印象で、2022年は弊社としても大きめの開発案件がありますので、それらをこなしながら、会社としても一層成長できる攻めの一年としたいと思います。

ということで、当社としての今年の目標を書き連ねていきたいと思います。

大きめの開発案件をこなす

今年は社内受託だったり構内請負だったり、3つほど大きな開発があるので、精度高く案件をこなしていきたいです。一部はパートナー社へ発注したりしますが、工程管理という面でもしっかりとパートナー社を支援していきたいです。

昨今話題になっている言葉にDX(デジタルトランスフォーメーション)がありますね。

弊社としてはソフトウェア企業として「“技術力”と”業務知識”で顧客のDX課題を親切丁寧に改善する」ということを大事にしております。顧客満足度の高いシステムを構築するには技術力だけではなく、業務知識が大事なのです。

ただシステムを構築するだけでなく、SEが持つ豊富な業務知識を武器に、顧客にとって最適な提案をしつつ、システムの開発~保守フェーズまで親切丁寧にシステムの面倒を見ていくことに努めます!

増員計画

ボリュームの大きい開発がありますので、増員計画も積極的に行っていきます。

コロナ禍で新卒採用もストップしておりましたが、22年卒の新卒学生の採用活動も再開しております。今年の春にはピカピカの新社会人を迎え入れたいものです。

また中途採用も今年は積極的に進めます。2022年はいろいろと求人広告媒体を試してみる予定ですが、もし弊社に興味を持たれた方は、いつでもコンタクト歓迎なので気兼ねなくご連絡ください。

スマホ・WEB関連の知識をより高める

これまで弊社はVB.netやJAVA、C#などの大規模機関システムに向いている開発言語を得意としておりましたので、PHPやWEB画面周りのフレームワークなど、小回りのきくシステムも開発できるようになるのが、最近の社内課題でもありました。

そのために2年ほど前からPHPを主としたWEB系開発スキルを高めているのですが、ようやくPHPを用いた開発支援や、WEBシステムの開発依頼を請けるようになってきました。

大きい開発案件のうちのひとつはWEBシステムとスマホアプリを構築することになりますので、ものづくりをしながらWEB開発やスマホアプリ開発の知見を蓄積しつつ、人材育成しつつ、弊社の血肉としていくため尽力していきます!

おわりに

巷ではオミクロン株の感染急拡大がニュースとして取り沙汰されておりますが、経済的な見通しはそこまで悪い状況にはならないと予想しています。

そのため今年は積極的な姿勢で会社運営に望んでいくつもりです。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。