2024年始まりましたね! 年初から私自身がPJに追われていて、2024年初のブログ更新も遅くなってしまいました。

「一年の計は元旦にあり」という言葉があるように、新年の始まりに目標や計画を立て、それに向けて努力することはとても大事です。人も会社も一緒です。

ということで2024年の当社の取り組みについてご説明していきましょう。

先端ITを追求

昨年開催した経営方針発表会でも、テクノロジーに対する理解を深め、先端的なITを使いこなすことを我々の武器にしていく旨を発表しました。ソフトウェア企業ではなく、テック企業として生きていこうと。

現在もAI技術を利用したプロダクト開発を行っておりますが、今後はよりAIに関する知見を付けながら、AIをはじめとした先端ITの領域を使いこなし、磨きをかけるぐらいの技術力を追求していくつもりです。

これは当社として未来につながることですので、しっかりと実現したい。そのために今までは全力とまではいかなった研究開発部門(R&D)を、より積極的に動かしてく予定です。

4、5月ごろからは研究開発部門を独立して機能させ、テクノロジーへの理解を深め、我々の中枢となる強みに至れるまで、極めていきたい。またあらためて面白い発表などできればと考えております。

営業力の強化

2024年1月からは、当社の営業を担う社員が入社してきてくれました!ありがたい!

現在は営業部の立ち上げフェーズになりますが、まずは無事に営業部を確立し、その後は部としての体制を整えていきたい。

営業内容としてはソリューション営業がメインとなります。開発部と営業部が連携して動くことで、より多くのクライアントのIT課題を解決していきたいですし、一層手厚いフォロー体制を敷きながら、顧客満足度を上げる取り組みをしていきたいです。

またソリューション営業だけではなく、現在開発しているAI議事録のアプリも代理店となって、営業をかけていくつもりです。そのようにして、新規顧客もどんどん開拓していきたいと考えております。

おわりに

研究開発部門をしっかりと機能させて先端ITの領域を当社の確固たる強みとすること、そして営業部の体制を強化して会社としての機動力をあげること、この2点は当社における2024年の挑戦課題です。

今年は干支で言うと辰年です。まさに天高くのぼる龍のように、駆け上がっていきたいと思います。